介護福祉士という職業
介護福祉士という職業

介護技術講習

第18回(平成17年度)の介護福祉士国家試験から「介護技術講習」が行われて、この講習を修了すると、介護福祉士国家試験の実技試験が免除されることになりました。介護技術講習修了証明書が修了者に交付されます。

この制度が実施されるようになった理由

従来だと筆記試験合格者がその後に実施される実技試験を受験して、これに合格してはじめて介護福祉士の資格を取得していました。

しかし実技試験受講者の増加と、試験の実施体制が課題になると同時に、受験者の質の向上も重要な課題になってきたために、介護技術の向上を図ることと、実技試験の適正な実施を図るものとして介護技術講習が実施されるようになったのです。

受験資格

受講資格は介護福祉士の受験受験資格があって、試験を受ける予定で、実技試験の免除を申請しようとする方です。介護技術講習会には受講定員に限りがあるために受講資格があって、その年度に行われる試験を受験する人を優先する場合もあります。また、これに相当する介護実技能力も求められます。

注意をしなければいけないのは、最初の受験申し込みの時に、「実技試験を受験するコース」か「申請により実技試験を免除するコース」のどちらかを選択しなければいけません。

さらに筆記試験の前に介護技術講習を受講、修了しておく必要もあります。 実施予定は3月頃からインターネットなどで発表されますので、電話などで希望する実施施設に問い合わせをしてみてください。

尚、上記にも書きましたが受講定員には定員があるために必ずしも希望する実施施設での受講ができるとは限りません。実施施設によっては抽選方式をとる所もありますので、早めに確認することをお勧めします。

介護技術講習の実施者

全国にある介護福祉士養成施設協会に加盟している介護福祉士養成施設(大学、短大、専門学校 etc.)で厚生労働大臣に介護技術講習の実施を届け出た施設が実施します。

受講申し込み

実施者の介護福祉士養成施設に直接申し込みをします。開催時期や受講料は施設によっても異なりますが、受講料の全国平均は6万円前後になります。

受講のメリット

介護技術講習修了証明書の有効な期間は3年で、筆記試験を受験したか否かにかかわらず、介護技術講習修了後引き続き行われる3回の実技試験が免除になります。

介護技術講習の項目、内容と時間

介護技術講習の項目、内容及び時間は下記のとおりです

項目

内容

時間数

(1)介護過程の展開

[1]介護における目標等の講義
[2]事例に基づく介護過程に関する講義及び演習

6

(2)コミュニケーション技術

コミュニケーションの技法に関する講義及び演習

2.5

(3)移動の介護等

[1]社会生活維持拡大への技法に関する講義及び演習
[2]安楽と安寧の技法に関する講義及び演習

6

(4)排泄の介護

排泄の介護に関する講義及び演習

4

(5)衣服の着脱の介護

衣服の着脱の介護に関する講義及び演習

3

(6)食事の介護

食事の介護に関する講義及び演習

3

(7)入浴の介護等

[1]入浴の介護に関する講義及び演習
[2]身体の清潔の介護に関する講義及び演習

4

(8)総合評価

(1)〜(7)までの講習内容の修得に係る評価

3.5

 

合計

32


介護技術修了の認定には上記の32時間の受講が必須条件になります。さらに総合評価の評点・4日間の講習会の受講状況・受講態度などを総括的に評価、判断して行われます。

recommend

バーチャルオフィスで住所のみを取得

最終更新日:2017/9/28

ページTOPへ戻る